こむらがえりにかかわる病気とは? 1「糖尿病」

2016.01.22

糖尿病は血糖値が上がることで、さまざまな臓器に障害が出る、とても危険な病気です。糖尿病が進行すると、つる症状が頻繁にみられることがあります。

その他の病はこちら

こむらがえりにかかわる病気とは? 2「腰椎椎間板ヘルニア」
こむらがえりにかかわる病気とは? 3「腰部脊柱管狭窄症」

 

 

どんな病気?

血糖値が上がり、さまざまな合併症を起こす病気です
消化された食べ物や飲み物は、胃や腸でブドウ糖に変わります。ブドウ糖は血液により細胞に運ばれます。血糖値というのは、血液中にブドウ糖がどのくらいあるか示す値で、通常は食事をしたあとに上昇します。
血液中のブドウ糖を細胞に送り込むことをサポートしているのが膵臓から分泌されるインスリンというホルモンです。インスリンはブドウ糖を細胞内に運び、エネルギーに変えたり、蓄えたりする役割を担っています。インスリンが働くことで、ブドウ糖は脳や筋肉・臓器を動かすエネルギー源として使われるため、血糖値が下がるのです。
何らかの原因により、インスリンの分泌が低下したり、分泌されてもうまく働かなかったりすると、ブドウ糖が細胞に取り込まれなくなり、高血糖状態が続きます。一方、筋肉や内臓にもエネルギーが運ばれず、さまざまな合併症が起こります。
血糖りが高くても、初期のころは自覚症状があらわれないことが多いため、放置されやすく、知らない間に合併症が進行してしまう危険があります。

 

糖尿病の原因は?

遺伝的要因のほか、生活習慣も原因になります
糖尿病は、インスリンの分泌が不足するI型糖尿病と、インスリンの働きが低下するⅡ型糖尿病に分けられます。日本人の糖尿病患者の95%以上はⅡ型糖尿病です。Ⅱ型糖尿病の原因には、遺伝的要因もありますが、食べ過ぎや運動不足、ストレスなどの生活習慣や肥満などが関係しているといわれています。

 

どんな症状があるの?

進行すると、全身にさまざまな症状があらわれます
糖尿病の初期のころは、自覚症状がない場合がほとんどです。
進行すると全身の血管や臓器に影響が及ぶので、さまざまな合併症があらわれます。なかでも多い、神経障害・網膜症・腎症を糖尿病の三大合併症といいます。血糖コントロールをしないまま放置していると、糖尿病発症時から5~15年で合併症があらわれます。

 

・神経障害

合併症のなかでもっともはやくあらわれます。症状としては、手足のしびれ、感覚の麻痺、筋肉の萎縮、筋力の低下、立ちくらみ、勃起障害などが代表的です。つる症状も神経障害のひとつです。糖尿病になると末梢神経への血液循環が悪くなり、筋肉などに十分な血液が送られなくなり、こむらがえりが起きやすくなるのではないかと考えられています。神経障害が進行すると、ちょっとしたケガから壊疽を起こし、足を切断しなければならないこともあります

 

・網膜症

血糖値が高いことによって、網膜(眼球の後ろにある光を感じる部分)に栄養を送っている細い血管の流れが悪くなり、視力が低下します。最悪の場合は、失明する危険も考えられます。また、白内障になる人も多いといわれています。

 

・腎症

腎臓の毛細血管に障害が起き、老廃物を含む血液を濾過できなくなります。症状が進むと、定期的に人工透析(血液を体外に取り出し、老廃物などを浄化して体内に戻す)を受けなければならなくなります。腎症により、つる症状が起きることもあります。

糖尿病は、動脈硬化(血管がもろく硬くなること)を進めます。そのため、動脈硬化によっておこる心筋梗塞、脳梗塞など命にかかわる病気のリスクも高くなるので、注意が必要です。
たとえ症状が軽くても、放置しておくと糖尿病は確実に進行します。血糖値が高い人は、早めに専門医を受診しましょう。神経障害などの症状があらわれている場合は、特に急いで受信してください。

 

診断と治療方法は?

食事や運動、薬により血糖値をコントロールします
血液検査・尿検査により血糖値を確認することで、糖尿病を診断します。一般の内科でも検査できますが、糖尿病の疑いが強いのであれば、内分泌代謝内科や糖尿病・生活習慣病の専門医を訪ねましょう。
糖尿病の治療で最も重要なことは、血糖値を適切にコントロールすうることによって、合併症を予防することです。
特に、日本人に多いⅡ型糖尿病には、食事や運動などの生活習慣が深く関係しています。ですから、糖尿病の治療の基本は食事療法と運動療法であり、この2つを着実に続けていくことで、血糖値をコントロールすることが可能です。
食事療法と運動療法で血糖値が改善しないときや、血糖値が非常に高く、急いで下げる必要がある場合などに、インスリン注射や内服薬などの薬物療法が行われます。Ⅰ型糖尿病にはビグアナイド薬やスルホニル薬などの血糖値を下げる薬剤が使われます。

 

ページトップ