椎間板ヘルニアとは

プロフィール

腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛を引き起こす疾患の代表格です。日本人の約1%、120万人の患者がいると言われています。椎間板は背骨の骨をつなぐ軟骨で、そのなかにあるゼラチン状の髄核(ずいかく)が背側に飛び出し、痛みやしびれを引き起こすのが椎間板ヘルニアです。 発症しやすい年齢は20~50歳代。腰を酷使する職業の方はなりやすいようです。また激しいスポーツをしている場合は、10代でも発症します。20歳を過ぎると椎間板は加齢現象で衰え、水分が少なくなるため、中身である髄核が外に出やすくなります。その際、前に出っ張るのは問題ないのですが後ろのほうに出っ張ると、神経を圧迫してものすごい痛みになります。

診断は問診、SLRテスト(仰向けに寝た状態で足を上げ、痛みの有無や、痛みを感じる部位を診る)、MRIの画像検査等によって行います。むずかしいのは、椎間板の出っ張り具合が、必ずしも痛みの強弱と比例するわけではないことです。 痛みは複雑な要因が絡み合って起こるので、出っ張りはそれほどでなくても、強い痛みが慢性的に続いている患者さんもいます。なかには精神的な問題がかかわっているケースが多々あり、そういう患者さんのために、腰痛の薬として抗うつ薬が処方されることもあります。

 

中枢神経に作用する薬など新薬が次々と登場

また昔は、安静にしているように・・・・と指導するのがふつうでしたが、今は強い痛みが治まった後は、出来るだけ運動したほうがいいと指導しています。プールで歩行するなど徐々に身体をなじませて、それからストレッチや腰痛体操などを始めていただきます。

薬物療法では、以前は消炎鎮痛剤が主流でしたが、今は痛みを中枢神経からコントロールする薬が次々と出ております。またリリカという薬やタラモナールという薬が出ています。

アメリカのほうでは既にだいぶ使われている薬です。神経と神経の間にあるシナプスをコントロールして痛みを抑える薬で、効く人には覿面に効きます。

あとは準麻薬のようなオピロイドという薬も出てきました。かつてはがんにしか使えない薬でしたが、量をきちんとコントロールして、服用を止めるタイミングを誤らなければ問題はありません。

 

8ミリの傷、局所麻酔で行う SMED、PEL、PEDは「入院なし」で治す

治療において手術が適応されるのは、次のような場合です。

◆保存的治療を3ヶ月間行っても痛み、痺れ、筋力低下が改善されず、日常生活に支障がある

◆我慢できない強い痛みのために日常生活が著しく制限される

◆排泄機能の低下、筋力の麻痺等による尿失禁がある

など  

手術療法は、ヘルニアを直接切除する手術と、間接的にへこませる手術の2つに大別され、椎間板ヘルニアのレーザー治療は殆ど効果が認められている手技ではありません。

直接切除する手術の1つ、内視鏡による腰椎椎間板ヘルニア摘出術が信頼性が高いです。 「MED(メド:内視鏡腰椎椎間板摘出術)とPED(ペド:経皮的内視鏡腰椎椎間板ヘルニア摘出術)とPEL(ペル:経皮的椎弓切除術)という手術法があります。


MED(メド:内視鏡腰椎椎間板摘出術)
MEDは全身麻酔をかけ、傷から内視鏡等の道具を使用して行う手術です。 PEDには向かない、腰部脊柱管狭窄症のように脊髄や馬尾の神経が圧迫狭窄されている場合におきる椎間板ヘルニアの摘出が可能です。


PEL(ペル:経皮的椎弓切除術) PELは腰部脊柱管狭窄症に対する世界の最小侵襲手術です。 経皮的椎弓切除術(PEL)は、僅かな皮膚切開で経皮的ヘルニア内視鏡手術(PED)で使用する極小内視鏡システムを用いて肥厚した黄色靭帯や骨を切除し、 神経の除圧を行う手術で、世界的にも僅かな施設でしか行われておりません。

PED(ペド:経皮的内視鏡腰椎椎間板ヘルニア摘出術)
PEDは傷の長さがMEDより小く、非常に狭い所に入ってヘルニアを除去したり、局所麻酔で行う事ができるので、入院をせずに、日帰り手術で済みます。また局所の痛みが少ないため、早めの社会復帰も可能です。1週間ほどで復帰している方もいます


ちなみにPEDは、2003年に導入し、もっか普及と改良を進めております。PEDならば、寝返りさえも困難だった患者が、局所麻酔で医師と会話しながら手術を受け、個人差はありますがその数時間から数日後には痛みから解放されて歩行することが可能です。さらに再発率が低いのもPEDの特徴です。 椎間板ヘルニアは手術をしても5~10%は再発します。というのも椎間板には再生能力がないので、手術をした痕はふさがりません。穴が開いている状態のままなので、髄核が再び飛び出してきてしまうのです。PEDなら穴も小さいので、再発率も当然減ってきます

とはいえ高度な技術を要するので、出来るようになるまでには長時間の訓練が必要です。そのため日本では、安心してPEDが受けられる施設はまだ少ない状況が続いています。

ページトップ