クリニック案内

最新医療PEDを提供する出沢明のクリニック

医院概要

医院概要
医院名 医療法人 明根会 出沢明PEDクリニック
住所 〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-6-1 第6明友ビル2F 3F  
院長 出沢 明(でざわ あきら)
開業年 2014年
TEL 03-5797-3363 03-5797-3363
FAX 03-5797-3393

治療内容

腰の病気に特化して、低侵襲で専門性の高い医療を行っています。

治療時における生活の質が重要視されている昨今、当院ではPEDをはじめとする低侵襲医療を取り入れております。低侵襲医療とは、検査・治療においてできる限り患者さんの身体への影響を減らした治療法です。

保存加療で治らない背骨の病気に対しては、小さな傷で行う顕微鏡手術、内視鏡手術、椎間板ヘルニアに対する手術等、身体に負担の少ない低侵襲手術を選択し、日帰り/短期入院治療・治癒を目指しています。

諸注意

長期の予約待ちとなっておりますので、事前にご確認をお願いします。

椎間板ヘルニアに対する手術(PED手術)

椎間板ヘルニアに対する手術(PED手術)
慢性的な腰痛や下肢の痺れなどの症状がみられる場合は椎間板ヘルニアの疑いがあります。椎間板ヘルニアが進行すると激しい痛みはもちろんのこと、排尿障害や下肢の力が突然入らなくなる等、日常生活に支障をきたすことも少なくありません。 椎間板ヘルニアに対する治療法としてはヘルニアの自然消滅を目指す保存療法がございます。しかし、長期間の治療になること、治療中も痛みが続くことから、ある程度進行の進んだ椎間板ヘルニアに対しては患者様との話し合いのもと手術での治療を選択します。

PED手術とは、局所麻酔で椎間板に細い筒を入れヘルニアを直接つまんで摘出する手術です。たいへん小さな機械を使用するので骨を削ることも神経に触れることもありません。ですから術後の痛みが少なく、ヘルニア手術は当日の日帰りが可能です。

PEDとMEDの違い
PEDとMEDの違い椎間板ヘルニアの内視鏡手術というとMED手術が知られております。この従来の手術に対してPED手術が優れているのは傷口の小ささです。 MED手術に比べ周辺組織を傷つけない分、早期の回復が見込めます。

腰部脊柱管狭窄症

老化で腰の骨が曲がり、神経を圧迫することで痛みが生じる腰痛で、ヘルニアとは別物になります。

神経を圧迫している骨を削り取ることで、痛みから解放されますが、モニターを見ながら神経をかき分け16ミリの切開だけで手術します。

手術時間は約1時間、さらに約3時間後には歩行が可能です。

梨状筋症候群

梨状筋症候群で苦しんでいる人は結構多く、ぎっくり腰から腰痛が慢性化したり坐骨神経痛から発症したり、スポーツや仕事などにストレスが加わったりして発症します。

通常は坐骨神経痛やヘルニアと診断されることが多く、治療の過程で改善が見られなく梨状筋症候群が疑われることが多いです。

梨状筋切離(手術)で大きく改善します。

最小侵襲脊椎手術

最小侵襲脊椎手術とは大きな切開をせず、体に負担が極めて少ない手術法です。 椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・脊椎圧迫骨折の二カ所以下の病巣が対象です。

骨・筋・靱帯等の切除はほとんどなく、神経及び血管の無傷操作を基本とする最先端手術法です。

局所麻酔を基本とし、手術当日より歩行開始、ヘルニア手術は当日帰宅が可能です。狭窄症等では一泊~二泊後の退院となります。

院内風景

  • 院内風景
  • 院内風景
  • 院内風景
  • 院内風景
  • 院内風景
  • 院内風景

ページトップ