0357973363

ドクター紹介|椎間板ヘルニア 内視鏡のPED手術第一人者

医療法人明隆会 出沢明PEDクリニック
問診票ダウンロード

ドクター紹介

Careers

出沢明PEDクリニック理事長 出沢 明(でざわ あきら)

出沢明PEDクリニック院長 出沢 明(でざわ あきら)

2014年9月、『出沢 明 PEDクリニック』をオープンいたしました。
名称のとおり、こちらは、PED(経皮的椎間板ヘルニア内視鏡下摘出手術)によって、椎間板ヘルニアを治療するクリニックです。

整形外科医になって、30年以上がたちました。PEDをはじめとする内視鏡を使った手術に関しては、私自身、広く教育にも携わっておりますが、これからも学びと訓練、そして進化のための研究を欠かさず、患者さんのお役にたちたいと思っています。椎間板ヘルニアの痛みで寝返りも打てなかった患者さんが、わずか30分程度の手術によって痛みから解放され、笑顔を取り戻す姿を見ることは、医師として何度経験しても本当に嬉しいことです。
つらい椎間板ヘルニアでお悩みの方、身体への負担が少ないPED手術を検討されている方は、どうぞ『出沢 明 PEDクリニック』にご相談ください。

当院のPED治療

経歴

昭和55年 千葉大学医学部卒業整形外科学教室入局
昭和62年 千葉大学大学院卒業
昭和62年 国立横浜東病院整形外科医長 ファイバースコープによる脊柱管内診断法を初めて開発
昭和63年 千葉市療育センター通園センター所長
平成3年 帝京大学医学部整形外科講師
平成5年 ソウルのSICOTで内視鏡脊椎外科の日本導入を検討
平成7年 ドイツのサーランド大學 米国のネバダ大学での内視鏡手術のトレーニングを施行し内視鏡前方法を5月に導入、若手医師の講習会システムを設立
平成8年 帝京大学溝口病院整形外科助教授
平成9年 内視鏡後方法MED(メド)の独自の方法を日本ではじめて導入
平成10年 日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会設立
平成14年 経皮的内視鏡椎間板ヘルニア摘出術PELD(ペド)を日本ではじめて導入
平成15年 帝京大学溝口病院整形外科助教授、医長
平成16年 帝京大学溝口病院整形外科教授、整形外科科長
平成17年 帝京大学溝口病院副院長補佐
平成26年 出沢明PEDクリニック開業

外来

※左右にスライドできます。

帝京大学溝口病院
HP http://teikyo-mizonokuchi.jp/
外来日 月一回(日程は受付にお問い合わせください)
ご予約 044-844-3333 完全予約制
(予約時間月曜日~金曜日 14:00-17:00)

学会活動

  • 国際最小手術侵襲学会(ISMISS;International Society of Minimally Invasive Spine Surgery) 日本代表
  • 2nd ASMISS(The Asian Society of the Minimally Invasive Spine Surgeries) 会長
  • 日本内視鏡学会 理事 広報委員会委員長
  • 日本脊椎脊髄病学会 理事、評議員 会則検討委員会担当理事
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS) 理事 財務担当 技術認定制度担当理事
  • 日本整形外科学会 内視鏡技術認定制度委員会委員
  • 日本最小侵襲整形外科学会幹事  第9回学会会長
  • 日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会幹事 第1回研究会会長
  • 日本内視鏡外科学会評議員、用語委員、技術認定制度委員
  • 日本エピドラスコピー研究会世話人
  • 国際整形外科学会会員
  • PASMISS board member他

学会賞

  • IITS(International Intradiscal Therapy Society) Best poster賞
  • ISMISS turkey Best oral賞
  • 日本内視鏡学会 カールストルツ賞

著書

  • State of the art for minimally invasive spine surgery (Springer- Verl)
  • 脊椎内視鏡ガイドドブック 日本整形外科学会(南江堂)
  • 脊椎内視鏡(メジカルビイウ)
  • 整形外科手術の為の器械器具(medical view)
  • ナースの整形外科(中外医学)
  • 整形外科インフォームドコンセント(中外医学)
  • 脊椎最小手術侵襲(全日本出版)他

pagetop

pagetop