0357973363

日本経済新聞掲載|椎間板ヘルニアのPED手術、世田谷区の出沢明(でざわあきら)PEDクリニック

医療法人明隆会 出沢明PEDクリニック
問診票ダウンロード

メディア情報

Information

日本経済新聞掲載2017年9月30日

2018.01.16

0001

 

※冬場は要注意 こむら返り

出沢明PEDクリニック(東京・世田谷)の出沢明院長によると、筋肉には過剰な伸張や収縮による損傷を防ぐ2つのセンサーがあるという。

●伸びすぎを調整するのが筋紡錘(きんぼうすい)

●縮みすぎを調整するのが腱紡錘(けんぼうすい)

 

こむら返りが日常生活に支障を来すほど頻繁に起こったり、長く続いたり、首や肩など足以外の筋肉がけいれんを起こしたりするときは、糖尿病や閉塞性動脈硬化症、腰部脊柱管狭窄(きょうさく)症などの病気が隠れている可能性もある。

その場合は「しびれや痛み、長い距離を続けて歩けなくなる間欠跛行(かんけつはこう)といった他の症状を伴うことが多い」(出沢院長)

 

pagetop

pagetop